ブログ weblog

2018.06.19

casa cube casa amare casa sole casa basso casa cross casa luce casa minimo casa patio

「ミラノサローネレポート」レポート

みなさん、こんにちは!

 

私は先日、アクロス福岡にて開催された、

arflex JAPAN主催の、ミラノサローネレポートに参加しました。

 

 

そもそも「ミラノサローネ」とは、毎年4月にイタリア・ミラノで開催される、

世界最大規模の家具見本市のことです。

 

ミラノサローネは、MILANO DESIGN WEEK とも呼ばれ、

家具やキッチン、照明などのインテリアデザインの国際見本市が一つ会場で開催されるのに加え、

ミラノ市街いたる所で、世界各国のメーカーやデザイナーの展示会などが行われます。

まさに、ミラノの街が「デザイン」一色になる一週間です。

 

 

 

私が行ったサローネレポートでは、実際に現地に行った方が、

現地で撮った写真を出しながら、印象的だった物や空間、今年の特徴や傾向などをお話されます。

 

 

これまでのサローネは、ソファやテーブル、照明などの、私たちにとっても馴染み深くわかりやすい、

インテリアの「デザイン」が主だったのですが、

近年は、「デザイン」であれば何でも良い、という大きな括りで開催されているそうです。

 

車をデザインとしてAudi、デジタルをデザインとして、SONYやPanasonicが出展していたりと、

「デザイン」の幅は、私たちの生活を取り巻くすべてのものにまで広まってきています。

 

 

今このブログを打っているパソコンや、普段使っているノートとペン、

すべてが一つのデザインで、それぞれに意味がある、というふうに考えると、

日常の物選びも、楽しくなってきます。

 

 

 

実は、私たちは今、casa cubeモデルハウスの、家具や小物に至るまでの設えを変える、

「モデル改造計画」を進めています。

 

今あるものを活かしつつ、何をプラスしたらいいか、新たなコンセプトのもと

日々、物選びに没頭しているのですが、

先日のサローネレポートで初めて名前を知ったブランド、「HAY」が気になっています。

 

 

モデル改造計画の詳細は、また追ってアップします。

楽しみにお待ちください。

 

 

 

 

casa KUMAMOTO 奥村

 

 

出典:https://hash-casa.com/2018/05/06/aboutmilanosalone/

 

 

一覧に戻る